西京高野球部 コンビニで騒ぎ監督交代へ

[ 2008年7月5日 23:06 ]

 山口県立西京高校の野球部監督(42)が3日深夜、コンビニで騒ぎ、山口署員に取り押さえられていたことが5日、分かった。西京高校は2度、甲子園に出場している。

 同校は監督の交代を県高野連に申請するとしているが、夏の山口大会の辞退は考えていないという。

 西京高校によると、監督は3日深夜、山口市湯田温泉にあるコンビニの現金自動預払機(ATM)の操作に手間取って腹を立て、女性店員に暴言を吐いて騒いだという。駆けつけた署員に取り押さえられた。この日は同校関係者の宴会があり、かなり酒に酔っていたという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース