「四球がすべて…」とマー君悔しがる

[ 2008年7月5日 19:40 ]

4回西武1死、中村(右)に本塁打を浴びた楽天・田中

 【楽2-3西】楽天・田中は一回に押し出し四球など3四球を与え、3アウトを取るのに44球も要した。7回途中まで3失点で耐えたが、打線にリズムを与えることができずに5敗目。「四球がすべて…」と悔しそうに話した。

 野村監督は「西武を意識しすぎたのか。(自分に)重圧をかけてやらんでもいい得点を与えた」と1回の乱調に苦言。「西武が走っているから、2つ勝てば面白い、と田中、岩隈でいったのに…」と残念がった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース