日本ハム攻守ガッチリ 稲葉が3打点

[ 2008年7月5日 16:57 ]

 【日4―3オ】日本ハムは1―2の3回に稲葉の左前打で同点とし、5回無死一、二塁でも稲葉が2点二塁打を放って勝ち越した。多田野が6回3失点で4勝目。マイケル中村が15セーブ目。オリックスはオルティズが粘れず、連勝は3でストップ。

 ≪マイケル、セーブで球団新≫日本ハムのマイケル中村が9回1死からの2者をぴしゃりと抑え、今季15セーブ目。通算89セーブ目で、江夏豊氏の持つ通算88セーブの球団記録を更新した。「自分自身で誇りに思う。自分の前に投げてくれる人がいるおかげ」と喜んだ。

 中継ぎの柱の武田久と「勝利の方程式」を担う守護神は「チームの勝利のことだけ考えれば、記録は後からついてくる」とチームへの貢献を強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース