星野監督 上原、井端の復調期待

[ 2008年7月5日 06:00 ]

日本代表監督就任記念フレーム切手を前に笑顔を見せる星野監督(手前)と福井名誉会長(左)

 北京五輪野球日本代表の星野仙一監督(61)は4日、大阪市内のホテルで自身の後援会「虎仙会」の総会・パーティーに出席。代表候補ながら調子が上がらない巨人・上原について「まだまだだけど、あと1カ月で状態を上げていってくれればいいし、期待している」とあらためてラブコールを送った。また、左ふくらはぎ痛で2軍調整中の中日・井端についても「元気でいてくれないと困る選手」と早期の1軍昇格を期待した。星野監督は6日、スタッフとともにハーレム国際大会に出場中のキューバ代表視察のため、オランダ入りする。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース