新井 阪神移籍後初の失策

[ 2008年7月5日 19:50 ]

 【神9-4横】3番・一塁手として全試合に出場し、手堅い守りを続けていた阪神の新井が、移籍後初の失策を犯した。8回2死満塁で金城が放った強烈なゴロを思わずトンネル。2者の生還を許した。

 バットでは、無安打ながら犠飛で1打点をマークしたが、初失策には「よく分からない。反省して、また頑張ります」と気持ちを入れ替えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース