上原が手応えの好リリーフ

[ 2008年7月5日 20:07 ]

 【巨7-2中】巨人の上原が好リリーフをみせた。6回2死一、三塁で登板、荒木を二ゴロに仕留めてピンチをしのぐと、7回も無難に無失点で切り抜けた。

 直球で両コーナーを突き、フォークボールで空振りを奪う持ち味を発揮した。2回3失点した2日のヤクルト戦とは見違える投球に、上原は「少しずつ良くなっていると思う」と手応えを感じた様子。原監督も「きょうは良さが出ていた」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース