小笠原が乱調…勢い続かない中日

[ 2008年7月5日 19:21 ]

2回、小笠原(右)に2ランを浴びた中日先発の小笠原

 【中2-7巨】中日は先発の小笠原が2回6失点の乱調。打線も11安打を放ちながら、1回の2点のみに終わった。

 前日は川上の好投で連敗を4で止めたが、勢いは続かず、首位阪神とのゲーム差は今季最大の10・5まで開いた。落合監督は「今日みたいなゲームを追い掛けて、10点ゲームで勝負をつけられるようにしないと。ずっと底を走っているんだから、そのうち浮上するだろ」と自らに言い聞かせるように話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース