楽天 マー君、岩隈で西武つぶしだ

[ 2008年7月5日 06:00 ]

 楽天の野村監督が首位いじめ宣言だ。5ゲーム差で追う西武とは5日から2連戦(西武ドーム)。「西武とはゲーム差いくつや?5つか。1勝1敗じゃ、あかんわな。他を犠牲にしてローテーションを組んだんだし」と指揮官。リーグ戦再開となった先週末のソフトバンク戦は初戦にあえてドミンゴを起用。土曜、日曜日に田中、岩隈を回したのもこの西武戦をにらんでのもの。今回を含めて7月は対戦が5試合。まずは2枚看板の連勝で勢いに乗り、残る直接対決も全勝で一気に追いつく“皮算用”だ。

 5日に先陣を切る田中も「きょうは何も言いません。あえて何も言わない。内に秘めて、です」と珍しく言葉少な。この2連戦が上位進出への“大一番”であることを十分に理解していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース