×

宇都宮 川崎に先勝、激しい守備で主導権 41歳・田臥もCS初出場

[ 2022年5月22日 05:30 ]

BリーグCS準決勝第1戦   宇都宮83―70川崎 ( 2022年5月21日 )

<川崎・宇都宮>シュートを放つ宇都宮・比江島=左(C)B.LEAGUE
Photo By 共同

 2戦先勝方式の準決勝第1戦の2試合が行われ、5年ぶり2度目の頂点を狙う宇都宮(ワイルドカード1位)はアウェーで初優勝を目指す川崎(東地区2位)に83―70で先勝した。リーグ史上最高勝率で西地区を5連覇した琉球(西地区1位)はホームでCS初出場の島根(西地区2位)に94―85で逆転勝ち。両カードとも第2戦は22日に行われる。

 宇都宮は激しい守備で主導権を握り、前半を終えて15点リード。第4Qで一時は4点差に迫られたが、終盤は鵤(いかるが)の3点シュートなどで再びリードを広げた。レギュラーシーズンは東地区4位に終わったが、準々決勝で東地区王者の千葉Jに2連勝。準決勝でも勢いを継続した。第4Q残り49秒からは41歳の田臥が今季CS初出場。12得点7アシストを記録した比江島は「プランを遂行できた」と納得の表情を浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月22日のニュース