×

橋本 個人総合、順大団体Vなど貫禄の4冠 東日本学生体操

[ 2022年5月22日 05:30 ]

東日本学生選手権であん馬の演技をする橋本
Photo By 共同

 体操の東日本学生選手権は21日、群馬県・高崎アリーナで行われ、世界選手権(10~11月、英リバプール)男子代表の橋本大輝(順大)が、6種目合計86・500点で初制覇した個人総合や、順大の優勝に貢献した団体総合など4冠に輝いた。

 つり輪以外で完成度の高い演技をそろえ、種目別では14・800点の平行棒と、15・000点の鉄棒を制した。今月15日のNHK杯で3位に入り、世界選手権の初代表に決まった土井陵輔(日体大)は個人総合で83・450点の3位。日体大は団体総合2位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月22日のニュース