×

優勝の行方 照ノ富士、隆の勝そろって勝てば決定戦 ともに黒星なら混沌

[ 2022年5月22日 05:30 ]

大相撲夏場所14日目 ( 2022年5月21日    両国国技館 )

霧馬山(左)を突き落としで破る隆の勝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 本割で3敗の隆の勝が4敗の佐田の海に勝った場合、佐田の海と大栄翔は脱落。照ノ富士が結びの一番で勝てば優勝決定戦になり、敗れれば隆の勝の初優勝が決まる。本割で隆の勝が敗れ、照ノ富士が勝てば3場所ぶり7度目の制覇となる。

 隆の勝と照ノ富士が本割で敗れると、状況は混沌(こんとん)とする。佐田の海を含めた三つ巴の優勝決定戦にもつれれば94年春場所以来28年ぶり。大栄翔も加わって4人のトーナメント戦なら、97年春場所以来となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月22日のニュース