×

隆の勝 3敗守った!初賜杯へトップで千秋楽「ここまで来たら頑張りたい」

[ 2022年5月22日 05:30 ]

大相撲夏場所14日目 ( 2022年5月21日    両国国技館 )

霧馬山(左)を突き落としで破る隆の勝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 初優勝を目指す平幕の隆の勝が霧馬山を突き落とし、優勝争いトップの3敗で踏ん張った。通算7度目、今年初めての優勝を狙う横綱・照ノ富士は大関・正代を退けて3敗で並走している。優勝争いトップの2人は8日目に対戦済み。そろって勝てば2人で決定戦、そろって負ければ4敗の小結・大栄翔と平幕の佐田の海にも逆転の可能性がある

 3敗に踏みとどまった隆の勝が目尻にしわをつくった。「昨日の相撲を反省して、いけたと思います。緊張したけど、昨日よりマシでした」。トレードマークの“おにぎりスマイル”復活だ。丸みを帯びた顔立ちもあり相撲ファンから「おにぎり君」の愛称で親しまれる。だが単独首位で臨んだ13日目の若隆景戦は「何か違う場所で戦っているみたい」とガチガチに緊張。持ち味の鋭い出足が鳴りを潜めて敗れ、照ノ富士らに並ばれた。部屋へ戻る車中で映像を確認し、修正点を洗い出すと同時に「負けて吹っ切れ、気が楽になった」と心境も変化した。

 この日の相手、霧馬山には過去7戦全勝。立ち合いから踏み込んで主導権を握った。左四つから外掛け狙いの相手が前のめりにバランスを崩した。「相性がいいと言っても状況が状況なので。勝てて良かった」と胸をなで下ろす。八角理事長(元横綱・北勝海)は「もともと馬力はある。まだ硬さはあるが、流れが来ている感じ」と初優勝も可能性十分という見立てを示した。

 千秋楽は1差、4敗の佐田の海と対戦する。本割で勝っても横綱と優勝決定戦にもつれ込む公算が大きい。「ここまで来たら、獲りにいくつもりで頑張りたい」。優勝インタビューで最高の笑顔を見せたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月22日のニュース