×

大栄翔 充実の10勝目「体が動いた」、2度目の優勝へ生き残った

[ 2022年5月22日 05:30 ]

大相撲夏場所14日目 ( 2022年5月21日    両国国技館 )

佐田の海(左)をはたき込みで破る大栄翔(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大栄翔が、4敗勢4人の中で唯一生き残った。当たり勝って押し込むと、少し右腕を手繰られたが「体がしっかり動いた」と慌てずはたき込み。3敗だった佐田の海を引きずり降ろし、2度目の優勝の可能性を残して千秋楽へ向かう。「そこは考えずにやれているので、最後しっかり勝って終わりたいだけ」と逆転Vの意識は見せなかったが、「ひとまず2桁勝てたことは凄くうれしい」と大関獲りの足固めにつながる三役での10勝に充実の表情を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月22日のニュース