來田奈央、森田真沙也組がアイスダンス制覇「高橋大輔選手が始めたことで…」 全日本ジュニア選手権

[ 2021年11月20日 18:22 ]

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権第2日 ( 2021年11月20日    愛知・名古屋市ガイシプラザ )

<全日本ジュニアフィギュアアイスダンス>優勝の來田奈央&森田真沙也(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 アイスダンスのフリーダンスが行われ、來田奈央、森田真沙也組(木下アカデミー)は78・62点をマークし、合計131・06点とし優勝した。

 リズムダンスに続き1位のスコアをマークしたが「凄く楽しめたところもあるんですけど、目標としていた点数に届かなかったのが悔しいです」と來田。森田も「楽しんで滑られたんですが、ミスもあったので、そこは練習で直していきたいです」とさらなる進化を誓った。

 「高橋大輔選手がアイスダンスを始めたことで注目が集まっているし、それに伴って、リンクメートもカップル競技に興味を持っている選手が出てきている」と森田。憧れの存在は、コーチとして師事するキャシー・リードさんだという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月20日のニュース