島田高志郎、228・77点で5位「自分に一番申し訳ない」ワルシャワ杯

[ 2021年11月20日 08:55 ]

フィギュアスケート・ワルシャワ杯第2日 ( 2021年11月19日    ポーランド・ワルシャワ )

<ワルシャワ杯第2日>男子フリー、演技をする島田高志郎(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子の島田高志郎(木下グループ)は、合計228・77点で5位だった。

 SP2位発進だったが、19日のフリーは4回転サルコーの転倒などジャンプでミスがあった。国際連盟公認スコアとしてはジュニア時代の自己ベストを超えたが、「また自分の力を出し切れずに終わってしまって悔しい。いつも応援してくださっている方や、自分に一番申し訳なく思っている。チャンスをつかみきれずに終わってしまった」と振り返った。

 「全部、メンタルの弱さ」と原因を分析した20歳は、年末の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)を見据え、「もっともっと自分を磨いて、いい演技ができるように頑張る」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月20日のニュース