×

賞金1位・萌寧 67で17位浮上、2位・古江は「ショットが凄く悪くて」失速38位

[ 2021年11月20日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 大王製紙エリエール・レディース第2日 ( 2021年11月19日    愛媛県 エリエールGC松山=6545ヤード、パー71 )

練習グリーンで差し入れのクレープをほおばる稲見萌寧(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 稲見萌寧(22=都築電気)は通算5アンダーの17位、古江彩佳(21=富士通)は通算2アンダーの38位につけた。

 賞金ランク1位・稲見は腰痛を抱えながら67をマーク。17番パー5では残り214ヤードから3Uで2オンを果たすなど5バーディーを奪った。「半分の50(点)くらいには」と初日30点だったショットも上向き。順位も40位から17位に上げた。

 稲見を約1700万円差で追う賞金ランク2位・古江は「ショットが凄く悪くて」と第1打を左にミスした16番パー3でダブルボギーを叩くなど、順位も31位から38位に下げた。

 ▼1位・柏原明日架 この位置で2日目を終われて残り2日楽しみですし、まだまだ、頑張りたいと思います。(ツアー3勝目へ首位をキープ)

 ▼1位・三ケ島かな パターが決まってくれた結果です。地味な練習ばっかりしてきたのでそれが結果につながってきていると思います。(ツアー初優勝へ首位浮上)

 ▼3位・原英莉花 伸ばし合いの中で自分も伸ばしたかったですけど、開かずに終われたので良かった。(ツアー4勝目へ首位と3打差)

 ▼5位・小祝さくら 本当にパターが入ってくれました。残り2試合、優勝って感じでの気持ちで。目標はそこですね。(パー71の大会コースレコードで55位から急浮上)

 ▼17位・渋野日向子 前半いい流れで来てたのに途中からかみ合わず、スコアを落として悔しいです。(前半31も後半37と失速)

 ▼59位・河本結 今年1年かけて良くも悪くも今のショットをつくってきたので今の状態が私の実力かなと思います。(メルセデス・ランク50位。予選落ちでシード確保が微妙に)

 ▼78位・浅井咲希 精いっぱいやったので悔いはないです。(賞金ランク50位。予選落ちでシード陥落が確定)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月20日のニュース