×

笹生 初出場今季最終戦で2差6位好発進に満足「本当にいい一日だった」

[ 2021年11月20日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー CMEツアー選手権第1日 ( 2021年11月18日    フロリダ州 ティブロンGC=6556ヤード、パー72 )

第1ラウンド、17番でイーグルを決め、拍手に応える笹生優花
Photo By 共同

 今季最終戦が開幕し、初出場の笹生優花(20=ICTSI)は1イーグル、6バーディー、1ダブルボギーの6アンダー、66で首位と2打差の6位と好発進した。畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は69で回り3アンダーで25位。李晶恩(イジョンウン、25=韓国)が8アンダーでトップ。60人が予選落ちなしで争う。

 好位置で終えた笹生は「いいスコアで上がれたので良かった。本当にいい一日だった」と満足そうだった。2アンダーで迎えた10番で第1打がブッシュを直撃してロストボールとなりダブルボギー。しかし、12番からの3連続バーディーで巻き返し17番パー5は2オンしてイーグル。18番はカラーからの6メートルを沈めてバーディーで締めた。ポイントランク上位者が競い合う舞台で「凄い選手と同じ試合に出られてありがたい」と充実感をにじませた。

 ▼25位・畑岡奈紗 伸ばし切れなかった気持ちの方が大きいが、まずまずのスタート。ティーショットは良いけれどアイアンショットがまだ距離がうまく出せない。基本的なところをチェックしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月20日のニュース