跳馬・米倉、内村に及ばず種目別代表逃す 意地の「ヨネクラ」も「あと一歩」

[ 2021年6月7日 05:30 ]

体操 全日本種目別選手権最終日 ( 2021年6月6日    群馬・高崎アリーナ )

跳馬で踏み切る米倉(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 内村との一騎打ちに敗れた跳馬の米倉英信(徳洲会)は「あと一歩。惜しかった」と唇をかんだ。

 1本目の跳躍で自身の持ち技「ヨネクラ」を決め、15・400点の高得点をマークする意地は見せた。「3カ月、航平さんと競り合ったことが今後の強みになる」と収穫を強調。五輪切符のラストチャンスとなる6月のW杯ドーハ大会へ向けて「理想の演技が出せるように頑張りたい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース