東京五輪でもメダル争奪戦期待 笹生と畑岡が海外メジャーの舞台で熱戦展開

[ 2021年6月7日 09:42 ]

米女子ゴルフツアー 全米女子オープン最終日 ( 2021年6月6日    カリフォルニア州 オリンピック・クラブ=6486ヤード、パー71 )

互いの健闘を讃えあう畑岡奈紗と笹生優花(AP)
Photo By AP

 19歳の笹生優花が史上初の日本勢同士のプレーオフを制して全米女子オープン初優勝を飾った。

 笹生は日本とフィリピンの二重国籍を持つ。今夏の東京五輪にはフィリピン代表として出場する意思を表明している。ビッグタイトル獲得で一躍メダル候補に浮上した。

 プレーオフで敗れた畑岡は最新の世界ランキングで日本勢最高の13位。今大会の成績によってランクアップとなる見通しで、日本代表で五輪に出場することは確実だ。

 世界ランキング1位の高真栄、同2位の朴仁妃ら韓国勢、ネリー・コルダ、レキシー・トンプソンら米国勢はじめ強敵とメダルを争うことになりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース