白井「昔の肩書が自分の首を絞めていた」五輪出場逃し、苦しんだ過去を告白

[ 2021年6月7日 05:30 ]

体操 全日本種目別選手権最終日 ( 2021年6月6日    群馬・高崎アリーナ )

東京五輪出場を逃した白井
Photo By 代表撮影

 16年リオ五輪団体総合金メダルメンバーの白井健三(日体大教員)は東京五輪出場を逃し「昔の肩書が自分の首を絞めていた」と苦しんだ過去を振り返った。

 それでも2位に入った床運動では持ち味のひねり技を決め、演技後にガッツポーズし「五輪以外の幸せを感じて、今のらしさを出せるようになった」とすがすがしく語った。

 同メンバーの田中佑典(コナミスポーツ)は東京五輪メンバーへ「自分たちのチームをつくってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース