山県に聞く「ケガを克服できればもっといい走りができると信じてやってきた」

[ 2021年6月7日 05:30 ]

陸上 布勢スプリント ( 2021年6月6日    鳥取市・ヤマタスポーツパーク陸上競技場 )

男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録を出し、笑顔で記者会見する山県亮太
Photo By 代表撮影

 山県亮太(28=セイコー)が男子100メートル決勝で9秒95(追い風2・0メートル)の日本新記録を樹立した。予選で10秒01(追い風1・7メートル)を出して東京五輪参加標準記録の10秒05をクリア。続く決勝でサニブラウン・ハキーム(22=タンブルウィードTC)が持つ日本記録9秒97を0秒02更新し、優勝を果たした。

 【山県に聞く】
 ――記録達成に。
 「凄くうれしいし、ホッとしている。多田選手が凄く近かったのでタイムは気にしていなかったが、いい記録が出るだろうなと思っていた」

 ――レース内容は。
 「多田選手が先行して途中まで前に見えていたが、しっかり集中力を切らさず、自分のペースを崩さずにという意識をしていたのがラストでかわせた要因だと思う」

 ――9秒97から、正式タイムで9秒95になった。
 「97でもうれしかったけど、まさか日本記録。95が公認で出るとは思わなかった。2倍うれしかった」

 ――ケガに悩まされた。
 「ここ2年は思うようにいかない日々が続いた。ケガはある種、課題を突きつけているものだと思っていた。ケガを克服できればもっといい走りができると信じてトレーニングしてきた。実を結んで本当に良かった」

 ――日本選手権へ。
 「簡単なレースにならないと思う。しっかり気を引き締めて、絶対代表権を獲るぞという強い気持ちを持って臨みたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース