小池「どうすればいいか分からない」10秒13の3位にも首かしげ不安吐露

[ 2021年6月7日 05:30 ]

陸上 布勢スプリント ( 2021年6月6日    鳥取市・ヤマタスポーツパーク陸上競技場 )

布勢スプリント 男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録で優勝した山県亮太(右から2人目)(右は多田、右から3人目は小池)
Photo By 代表撮影

 男子100メートルで9秒98の記録を持つ小池は決勝で10秒13の3位に終わった。

 「いいとは言えないタイム」と渋い表情。今季初戦となった4月の出雲大会は追い風参考(4・0メートル)ながら、10秒04をマーク。にもかかわらず、力を発揮できない現状に「どうすればいいか分からない」と首をかしげた。

 ただ、五輪参加標準記録は突破しており、日本選手権で3位に入れば五輪切符は獲得できる。再び調子を上げて、大一番に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース