錦織 2年ぶり4度目の準々決勝進出ならず、ズベレフにストレート負け

[ 2021年6月7日 06:06 ]

テニス 全仏オープン第8日 ( 2021年6月6日    パリ・ローランギャロス )

全仏オープン4回戦でズベレフと対戦した錦織(AP)
Photo By AP

 男子シングルス4回戦が行われ、世界49位の錦織圭(31=日清食品)は、同6位で第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(24=ドイツ)と対戦し、4―6、1―6、1―6で敗れ、2年ぶり4度目の準々決勝進出を逃した。

 ズベレフとは試合前まで通算1勝4敗で今季も2戦2敗。直近の対戦となった5月のイタリア国際では第1セットを奪いながら、逆転で敗れる接戦を演じていたが、この日は精彩を欠いた。

 18年にフェデラーを撃破してからトップ10の選手には12連敗となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月7日のニュース