坂本花織が3年ぶり優勝 2位は三原舞依 3位は新田谷凜 西日本選手権

[ 2020年10月31日 19:08 ]

フィギュアスケート西日本選手権第2日 ( 2020年10月31日    京都・京都アクアリーナ )

<西日本フィギュアスケート選手権第2日>女子フリー、優勝した坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の坂本花織(シスメックス)は全体2位の129・83点をマーク。合計200・23点で3年ぶり2度目の優勝を果たした。SP2位の三原舞依(シスメックス)は全体トップの130・37点をたたき出し、合計は194・87点で2位に入った。

 SP5位の新田谷凜(中京大)がフリー125・87点、合計187.82点とも3位、SP4位の河辺愛菜(木下アカデミー)がフリー123・63点、合計186・73点とも4位だった。上位11名が12月の全日本選手権(長野)の出場権を獲得した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月31日のニュース