ラグビー元豪代表 地元紙でゲイを公表「同じような状況にある誰かの助けになれば」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

ゲイであることを公表したラグビー元オーストラリア代表のダン・パーマー氏(AP)
Photo By AP

 ラグビーでオーストラリア代表経験があるダン・パーマー氏(32)が30日付の地元紙シドニー・モーニング・ヘラルドで自身がゲイであることを公表した。

 「ゲイと知られるなら死んだ方がいい」と題されたコラムで、かつては悩みから医療用麻薬を服用していたことなどを打ち明け「同じような状況にある誰かの助けになれば」と告白したという。

 国内リーグでコーチをしている同氏に対し、同国代表主将のフーパーらラグビー関係者から支援の声が上がっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月31日のニュース