復帰2戦目の本郷理華は9位で全日本切符「ホッとしている」西日本選手権

[ 2020年10月31日 20:00 ]

フィギュアスケート西日本選手権第2日 ( 2020年10月31日    京都・京都アクアリーナ )

<西日本フィギュアスケート選手権第2日>女子フリー、演技をする本郷理華(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位の本郷理華(24=中京大)は全体10位の104・45点、合計162・07点で9位フィニッシュ。上位11人に与えられる12月の全日本選手権(長野)切符を手にし、本郷は「一番の目標にしていた全日本に出場できることが決まってホッとしている」と率直な思いを語った。

 9月の中部選手権で約1年5カ月ぶりに実戦復帰。2戦目はさらに緊張したというが、ダイナミックな滑りは健在だった。冒頭の3回転フリップこそ失敗したが、その後は頭を切り替えて大崩れを防いだ。「出し切れなかった部分も含めて今の実力。もっと自分の力をつけられるように頑張りたい」と振り返った。

 全日本の舞台が実戦復帰を決めた大きな要因という。「1つの大きな目標の舞台。全日本にもう1回出たいというのがきっかけの1つ」と明かし「今は全日本で滑れるだけでうれしい気持ちがある。今までと違った気持ちで臨める」と自然体で晴れ舞台を楽しむつもりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月31日のニュース