山本草太が逆転初V 2位は友野一希 3位は田中刑事 西日本選手権

[ 2020年10月31日 15:14 ]

フィギュアスケート西日本選手権第2日 ( 2020年10月31日    京都・京都アクアリーナ )

<西日本フィギュアスケート選手権第2日>男子フリー、優勝した山本草太(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の山本草太(中京大)が全体トップの144・15点をマーク。合計221・22点で逆転での初優勝を果たした。

 SP首位の友野一希(同大)はフリーで全体4位の129・30点。合計は212・92点で2位となった。SP3位の田中刑事(倉敷FSC)はフリー134・05点、合計211・05点とも3位だった。SP6位からフリー2位の136・09点をマークした須本光希(関大)が202・14点で4位に入った。上位12名が12月の全日本選手権(長野)の出場権を獲得した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月31日のニュース