白井&池慧プロヂュースのスケボー新基地 待望のお披露目

[ 2020年10月31日 05:30 ]

新しく完成したパークで滑るスケートボード男子の白井空良
Photo By 共同

 スケートボードのストリート男子で東京五輪出場を目指す白井空良(ムラサキスポーツ)と池慧野巨(ベンヌ)がプロデュースしたパークが神奈川県寒川町に完成し、両選手らが30日、現地で記者会見した。

 試走した白井は「凄くうれしい。レベルアップできそう」と期待を込めた。都市型スポーツの世界大会を手掛ける「アークリーグ」が、寒川町の協力も得て、倉庫だった建物に国内では珍しいコンクリート製の屋内施設を整備した。総工費約1000万円。床面積は約700平方メートル。一般オープンはあす11月1日から。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月31日のニュース