渋野 日本でのプレーに緊張?「震えましたね」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 樋口久子・三菱電機レディース第1日 ( 2020年10月30日    埼玉県 武蔵丘GC=6585ヤード、パー72 )

8番ホールでホールホールインワンを達成し、使用ボールとクラブを手に笑顔を見せる渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 海外遠征から復帰した渋野日向子(21=サントリー)が8番でホールインワンを達成した。18年6月のアース・モンダミンカップ第1R以来、プロでは2度目。この日はイーブンの72で32位だったが、4カ月ぶりの国内戦で「持ってる」しぶこをアピールした。

【渋野に聞く】
 ――第1ラウンドの全体を振り返って。
 「パー5で2オンを狙えるところが、2、3ホールくらいある中で1つしか取れなかったのが凄い心残り。短いパットを後半に2回も外してしまったっていうのが本当に情けないなあって思います」

 ――マネジメントに関して、それほどピンを積極的にいかなかった印象があった。
 「そこもかなり考えながらやりました。外れた時にボギーを取る率は絶対上がってしまうので。そこは外さないように。後半につれてしっかりマネジメントできていたかなと思います」

 ――日本で4カ月ぶりのプレーの感想。
 「緊張感がある中で試合ができてるのは凄いいいことだと思いますし。その中で自分の思ってる動きをするっていう、レベルの高い、今までより考えてしまうことはあったんですけど。スタートホール、ティーショット、震えましたね」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月31日のニュース