早大 2年連続の甲子園切符 池田主将、打倒関学大に闘志

[ 2019年12月1日 18:18 ]

学生アメリカンフットボール「甲子園ボウル」東日本代表校決定トーナメント決勝   早大41―10東北大 ( 2019年12月1日    横浜 )

アメリカンフットボールの全日本大学選手権東日本代表決定戦で東北大に勝ち、2年連続の甲子園ボウル出場を決めた早大の(前列左から)LB池田主将、QB柴崎、DL二村
Photo By スポニチ

 関東リーグを7戦全勝(不戦勝を含む)で制した早大が、順当に2年連続の甲子園切符を手にした。春からターゲットを早大に絞り作戦を立ててきた東北大に前半こそ3点差と食らいつかれたものの、後半は4本のTDを重ねてリードを広げ、守備陣も無失点と地力の差を見せつけた。

 昨年の甲子園ボウルでは、関学大に20―37で完敗。主将のLB池田直人(4年)は「自分は高校(早大学院)時代から関学に4度も負けている。勝ちたいという気持ちはどこよりも強い」と意気込んだ。高岡勝監督は「昨年は力の差、文化の差を感じた。どうすれば勝てるかいまだに分からないが、学生たちができることをどれだけやりきるかになる」と期待を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月1日のニュース