桃田V2に王手! ベテラン坂井を42分で仕留め「あと1試合、勝ち切りたい」

[ 2019年12月1日 05:30 ]

バドミントン 全日本総合選手権第5日 ( 2019年11月30日    東京・駒沢体育館 )

快勝で決勝進出を決めた桃田(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子シングルスは世界ランク1位の桃田(NTT東日本)が、29歳ベテランの坂井(金沢学院ク)を手玉に取った。多彩なショットで主導権を握り、一度もリードを許さず42分でフィニッシュ。

 2連覇へ王手をかけた25歳は「本能でプレーしている。ひらめきで強打したり緩めたりしている」と涼しい顔だった。決勝は2年連続で同学年の西本(トナミ運輸)と激突。桃田は「あと1試合、勝ち切りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月1日のニュース