奥原 4年ぶり女王 劣勢はね返し「やっと私らしいプレーができた」

[ 2019年12月1日 16:17 ]

バドミントン全日本総合最終日 ( 2019年12月1日    東京・駒沢体育館 )

奥原希望
Photo By スポニチ

 女子シングルス決勝が行われ、世界ランク3位の奥原希望(24=太陽ホールディングス)が、同19位の大堀彩(23=トナミ運輸)を2―0(22―20、21―4)で下し、4年ぶり3度目の栄冠を手にした。

 まさに“奥原劇場”だった。第1ゲームこそ1―6とリードを許したが、それも前振りだ。第2ゲームは圧倒的。持ち味である華麗なフットワークで、いち早く攻撃に転じた。開始直後から11点インターバルまで、相手を0点に抑える圧巻の試合を演出した。優勝を決めると左手でガッツポーズ。「決勝戦でやっと私らしいプレーができた。頂点に立てて、やっとだなって感じ」と笑顔がはじけた。

 今年1月のプロ転向後初の国内大会で、強さを証明した。今月11日からは世界ツアー上位8組が出場するツアーファイナル(中国・広州)に参戦する。「私らしくレースを走り抜きたい」。奥原の2019年はまだ終わらない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月1日のニュース