鈴木愛 2年ぶり賞金女王、渋野日向子及ばず ツアー選手権最終日

[ 2019年12月1日 14:33 ]

鈴木愛
Photo By スポニチ

 女子ゴルフツアーの今季最終戦、ツアー選手権リコー杯(優勝賞金3000万円)は1日、宮崎CC(6536ヤード、パー72)で最終の第4ラウンドが行われ、賞金ランク1位の鈴木愛(25=セールスフォース)が通算5アンダーの5位でホールアウト。賞金ランク2位の申ジエ(31=韓国)が7位、同3位の渋野日向子(21=RSK山陽放送)も2位に終わったため、2年ぶりの賞金女王に輝いた。

 ペ・ソンウ(25=韓国)が通算11アンダーで今季2勝目。4打差の2位に古江彩佳(19=フリー)と渋野が入った。渋野は先週の大王製紙エリエール・レディースで今季5勝目(海外含む)を挙げ、賞金ランクトップの鈴木愛(25=セールスフォース)との差を約1511万円にまで詰めた。逆転賞金女王へは単独2位以内に入ることが条件だったが、及ばなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月1日のニュース