川内優輝 99回目のフルマラソン、福岡国際で12位の2時間12分50秒

[ 2019年12月1日 14:24 ]

<福岡国際マラソン>力走する川内優輝(中)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表の最後の1枠が懸かるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)「ファイナルチャレンジ」を兼ねた福岡国際マラソンは1日、福岡市内の平和台陸上競技場発着で行われた。今大会が通算99回目のフルマラソンで、福岡国際は10度目の出場になる川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)は2時間12分50秒の12位でゴールした。優勝は、2時間7分10秒のエルマハジューブ・ダザ(モロッコ)だった。

 川内は15キロ手前で、レースを進めていた第3集団から遅れ始めたものの、中盤以降は粘りの走りで徐々に順位を上げた。ファイナルチャレンジは男子(福岡国際、東京、びわ湖毎日)の対象3レースで設定記録の2時間5分49秒を切った中で、最も速いタイムを出した選手が3人目の代表に内定するが、設定記録には届かなかった。突破者がいなかった場合、MGC3位の大迫傑(28=ナイキ)が五輪代表に内定する。

 ▽MGCファイナルチャレンジ 東京五輪マラソン代表の男女残り1枠を争う、来年3月までの国内男女各3大会。日本陸連の設定記録(男子=2時間5分49秒、女子=2時間22分22秒)を突破した最速選手が五輪出場権を獲得する。該当者がいない場合は9月のMGCで3位だった男子・大迫傑(ナイキ)、女子・小原怜(天満屋)が代表となる。対象レースは、男子が今回の福岡国際、20年3月の東京、びわ湖毎日。女子は12月のさいたま国際、20年1月の大阪国際、3月の名古屋ウィメンズ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月1日のニュース