レスリング・伊調馨 五輪5連覇が完全消滅 全日本選手権にエントリーせず

[ 2019年12月1日 05:30 ]

レスリングの伊調馨
Photo By スポニチ

 日本レスリング協会は30日、東京五輪代表入りにつながる全日本選手権(19日開幕、駒沢体育館)の出場選手を発表し、女子の伊調馨(35=ALSOK)はどの階級にもエントリーせず、五輪5連覇の可能性が完全に消滅した。

 9月の世界選手権で主戦場の57キロ級で川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が、62キロ級で妹の友香子(至学館大)が五輪代表を決め、伊調は「今後のことは何も決めていません」としていた。代表が決まっていない50キロ級と68キロ級に可能性を残していたが、五輪アジア予選などの出場権が懸かる全日本選手権で優勝する必要があった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月1日のニュース