御嶽海、変化つけ決めた 関脇2度目Vへあと一歩

[ 2019年9月22日 05:30 ]

大相撲秋場所 14日目 ( 2019年9月21日    両国国技館 )

豪栄道(左)を突き落としで破る御嶽海(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 御嶽海が注文相撲でV争いに生き残った。過去6勝9敗と分が悪かった豪栄道戦は、立ち合いで右に変化しながら突き落としを決めた。「とっさでした。(相手の体勢が)低かった。圧力負けですね」と反省しながらも、貴重な白星を手にし「うれしいですよ。自分の相撲というより、今日は白星を取ってしまったなという感じ」と正直に振り返った。

 昨年の名古屋場所以来の優勝のチャンス。賜杯を手にすれば、1957年春場所の朝汐以来2人目の、関脇2度目のVとなる。千秋楽は技巧派の遠藤との対戦。「優勝というより、あと一番勝ちたい」。勝てば優勝決定戦となるが「決定戦とか、体力がないでしょう」と煙幕を張っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース