三上、女子3メートル板飛び込み2連覇 日本選手権

[ 2019年9月22日 05:30 ]

飛び込み 日本選手権 ( 2019年9月21日    金沢市・金沢プール )

女子3メートル板飛び込み決勝 優勝した三上
Photo By 共同

 飛び込みの日本選手権が開幕し、女子3メートル板飛び込みは東京五輪代表の三上紗也可(米子DC)が330・70点で2連覇した。男子シンクロ板飛び込みは五輪代表の寺内健、坂井丞組(ミキハウス)が395・25点で5年連続の頂点に立った。

 女子シンクロ板飛び込みは渋沢小哉芳、金戸華組(セントラル)が270・60点で勝った。男子1メートル板飛び込みは荒木宥図(NSP)が349・15点で3連覇した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース