稲森、ため息14位「ダボで完全に流れが変わってしまった」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

日本、韓国、アジアツアー共催シンハン・ドンヘ・オープン 第3日 ( 2019年9月21日    韓国・仁川 ベアーズベストチョンナGC=7238ヤード、パー71 )

15番でショットを放つ稲森佑貴
Photo By 共同

 6位から出た稲森は1つスコアを落とし、通算4アンダーの14位に後退した。10番をダブルボギーとすると後半だけで4つスコアを落とし、「ダボで完全に流れが変わってしまった」とため息をついた。

 ホールアウト後にはすぐに練習場に向かい、ショットとパットの調整に励んだ。最終日に向けて「今日みたいなことがないように」と切り替えに努めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース