渋野日向子Vなるか 64で回り単独首位でホールアウト 通算13アンダー

[ 2019年9月22日 12:40 ]

<デサントレディース最終日>(速報用)1番、セカンドショットを放つ渋野日向子(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのデサントレディース東海クラシック(賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円)は22日、愛知県美浜町の新南愛知カントリークラブ・美浜コース(6437ヤード、パー72)で最終ラウンドを行っている。

 首位に8打差の20位からスタートした全英女子オープンの覇者・渋野日向子(20=RSK山陽放送)は4番からの3連続を含む8バーディー、ノーボギーの64を叩き出し、通算13アンダーの単独首位でホールアウトした。

 渋野のホールアウト時点では首位でスタートした韓国の申ジエ(31)が13ホールを終えてノーバーディー、1ボギーとスコアを落とし、通算12アンダーの2位から渋野を追っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース