剣翔、4敗目で新入幕V消滅 公言する三賞獲りへ「千秋楽は思い切ってやります」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

大相撲秋場所 14日目 ( 2019年9月21日    両国国技館 )

琴勇輝に突き出され土俵下で天を仰ぐ剣翔
Photo By スポニチ

 新入幕の剣翔が琴勇輝に突き出され、4敗に後退して優勝の可能性が消滅した。勝てば15日制が定着した1949年の夏場所以降、新入幕力士で初めてトップで千秋楽を迎えることになったが、相手のもろ手突きに引き技も見せ「消極的な相撲が駄目ですねえ」と苦笑いした。それでも、公言する三賞獲りへ「千秋楽は思い切ってやります」と胸を張ってアピールしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース