SGホールディングス、後半戦初勝利 今季初安打の福井「ラッキー」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

日本女子ソフトボール1部リーグ第7節   SGホールディングス3-2シオノギ製薬 ( 2019年9月21日 )

<シオノギ製薬・SGホールディングス>SGホールディングスは代打・福井が7回2死一塁から右前打。これが相手のミスを誘い決勝点を奪う
Photo By スポニチ

 SGホールディングスは後半戦初勝利で星を五分に戻した。

 「バタバタしてミスから失点しましたが、その後をよく抑えてくれました」。小林良美監督が振り返った6回は、1死三塁から2つの内野失策が絡み、追いつかれた。しかし、7回2死から中島が右前打で出塁し、代打・福井の右前打と右翼手の失策で勝ち越した。今季初安打の福井は「右中間を抜くつもりで打席に入ったのですが、最後はラッキーでした」と笑顔だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月22日のニュース