渋野ヒヤリ ファン直撃もケガなくホッ…サインボール渡し“神対応”謝罪

[ 2019年9月22日 05:30 ]

女子ゴルフツアー デサントレディース東海クラシック ( 2019年9月21日    愛知県 新南愛知CC美浜C=6437ヤード、パー72 )

9番、観戦エリアからセカンドショットを放つ渋野
Photo By スポニチ

 折り返しの10番で13メートルのバーディーパットを4メートル近くショートさせて3パットのボギーを叩いた。思うに任せないゴルフに、険しい表情の時間が続いた渋野の第2ラウンド。首位・申ジエとは8打差。優勝で決まる生涯獲得賞金1億円突破も今週は厳しくなった。

 「昨日ほど楽しくはなかったかもしれないですね」。前日に続く“黄金世代”原とのラウンドもカンフル剤にはならず、ともに70に終わった。その渋野がヒヤリとしたのは9番。1Wの第1打が男性ファンの背中を直撃した。

 幸いケガがなかった男性に、ペコリと3度頭を下げてサインボールを手渡す“神対応”に、ファンは大喝采。「ギャラリーに当たるのは初めてかも。ケガをされなくてよかった」と振り返った。男性に「ありがとう。頑張ってね」と声を掛けられ、気持ちを切り替えてプレーを続けたという。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月22日のニュース