大相撲有識者会議 ソフトB王会長ら視察「テレビとは迫力が違う」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

<大相撲の継承発展を考える有識者会議>大相撲の継承発展を考える有識者会議に臨む王委員(左の列手前)、山内委員長(手前の列左から2人目)、紺野委員(右の列手前)ら(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 相撲協会に設置された「大相撲の継承発展を考える有識者会議」のメンバーであるプロ野球ソフトバンクの王貞治会長、女優の紺野美沙子らも稽古総見を視察した。

 王会長は「いつもはテレビで見ているが、迫力が違う。限界を超える稽古が必要なんだなと感じた。大きい人があれだけスピーディーに動けるのは驚いた」と感想を語った。有識者会議の第2回会合では、国際化にどのように対応していくべきかなどについて意見交換した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース