時松、首位と4打差の4位浮上 地元Vへ「チャンスが来たので頑張りたい」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

男子ゴルフツアー RIZAP・KBCオーガスタ   第3日 ( 2019年8月31日    福岡県 芥屋GC=7103ヤード、パー72 )

18番、グリーンヘアプローチする時松(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 8位から出た時松が7バーディー、1ボギーの66と伸ばし、首位と4打差の4位に浮上した。1、3番で5メートルのチャンスを沈めるなどグリーン上が好調で「ショットはあんまり良くなかったんですけど、パットが良かった」。

 今大会は地元・福岡での開催。今季初勝利を目指す那珂川市出身の25歳は「毎年勝ちたいと思っている大会。今年はチャンスが来たので頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース