八村塁は発熱で公式練習を回避、トルコ戦は出場へ

[ 2019年9月1日 12:15 ]

最終調整を終え、取材に応じる八村
Photo By スポニチ

 バスケットボール男子のW杯で、1日午後4時30分(日本時間同5時30分)にトルコとの初戦を迎える日本は同日、午前に会場の上海・東方体育中心で公式練習を行った。

 NBAドラフトで日本人初の1巡目指名を受けた八村塁(21=ウィザーズ)にはスーパーエースとして大きな期待が懸かるが、午前の公式練習は発熱のため回避。コンディショニングを優先し、試合には出場するとみられる。

 前日(8月31日)の練習後は「ワクワクしている。このメンバーでやれるのは楽しみ」とし、「トルコはオフェンスでガツガツくる。ディフェンスとリバウンドで絶対に負けてはいけない」と気合を入れていた。トルコを撃破すればW杯では欧州勢から初勝利、W杯での日本の勝利は06年8月21日のパナマ戦以来、4759日ぶりとなる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース