三宅 重量挙げ世界選手権へ気合 柔道に「続きたい」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

世界選手権への意気込みを語る三宅
Photo By スポニチ

 重量挙げの世界選手権(18日開幕、タイ)に出場する日本代表の壮行会が都内で行われ、5度目の五輪出場を目指す女子49キロ級の三宅宏実(33=いちご)は「(柔道の)世界選手権のメダルラッシュに私たちも続きたい」と意気込んだ。

 同じナショナルトレーニングセンターで合宿をしている柔道日本代表に刺激を受けたといい「皆さんの活躍を見て頑張ろうと思います」と話した。5月の全日本選手権で痛めた右太腿は8、9割回復。世界選手権でメダルを獲得すれば五輪に内定するだけに「もう少し時間は欲しかったが、しっかり調整したい」と先を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース