上野 復帰2戦目VS台湾で好救援 2回1安打無失点も「満足はしてない」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

ソフトボール 2019ジャパンカップ第2日1次リーグ   日本2-8米国、日本2-0台湾 ( 2019年8月31日    高崎市ソフトボール場 )

<日本・台湾>5回から2番手で登板する上野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 上野が台湾戦で好救援を見せた。

 1―0の6回から2番手で登板し、2回1安打無失点。3者連続を含む4三振を奪った。顎の骨折からの復帰2戦目は、変化球を織り交ぜ、最速は115キロだった。「前回よりいろんなボールを投げられたのは良かったと思う。(直球主体で1回を投げた)前日と課題が違う。満足はしていない」。宇津木監督は、決勝の米国戦でも短いイニングで使う可能性を示唆した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース