遼、10位後退も最終日逆転Vへ 首位と7打差「ベストなプレーするだけ」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

男子ゴルフツアー RIZAP・KBCオーガスタ   第3日 ( 2019年8月31日    福岡県 芥屋GC=7103ヤード、パー72 )

3番、ティーショットを放つ石川(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ツアー史上最多に並ぶ3大会連続優勝を目指す石川は69と伸ばしきれず、通算13アンダーの10位に後退した。「今日は気持ちが前のめりで、プレーがついていかなかった感じ。悔しいですね」と唇をかんだ。

 1番パー4でバンカーからの第2打をグリーンに乗せられずにボギー発進。16番パー4でもバンカーにつかまりスコアを落とした。それでも、ショット自体の感触は悪くないという。首位とは7打差。自身の過去の最大逆転優勝は6打差だが、「とにかく自分にできるベストなプレーをするだけ」と最終日に猛チャージをかける。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月1日のニュース