都は500億円負担へ 新国立競技場、工費圧縮も

[ 2013年12月24日 13:16 ]

 下村博文五輪担当相は24日の記者会見で、2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場計画の東京都負担について「500億円は出すと都議会から内々に了解をもらっている」と明らかにした。日本スポーツ振興センター(JSC)の試算で1852億円となっている総工費を、1700億円程度に圧縮する考えも示した。

 東京都はこれまで、周辺整備費の一部負担に応じる意向を示していたものの、JSCの試算で1480億円とされた建物本体の建設費は国の全額負担を求めていた。

 開閉式の屋根の維持費がかさむとして、自民党などから見直しを求める声が出ていることに関しては「屋根があればコンサートも開催でき、(経営が)黒字になる」と述べ、計画を変更しない考えを強調した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース