能代工1回戦敗退、44度目の出場で初 高校選抜大会第2日

[ 2013年12月24日 20:00 ]

初戦で敗退し、肩を落とす能代工の選手たち

 バスケットボールの全国高校選抜優勝大会第2日は24日、東京体育館で行われ、男子1回戦で過去20度優勝の能代工(秋田)が金沢(石川)に83―87で敗れた。能代工が1回戦で敗れるのは、44度目の出場で初めて。

 女子2回戦では、高校総体と愛知県選抜で出場した国体と合わせて3冠を狙う桜花学園(愛知)が純心女(長崎)に113―72で快勝して好スタートを切った。高校総体準優勝の昭和学院(千葉)は英明(香川)を88―54で下し、2年ぶりの優勝を狙った札幌山の手(北海道)は岐阜女に68―94で敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース